隔離の特別法廷、検察責任認める ハンセン元患者側に説明へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ハンセン病患者の裁判が、隔離先の療養所などに設置された「特別法廷」で開かれていた問題で、最高検が差別的な運用と認識せず裁判に関わり続けた責任を認めることが30日、関係者への取材で分かった。検察側が31日に元患者側の弁護士らと熊本市で面会し、説明する。

 ハンセン病患者の特別法廷は1948~72年に療養所や刑務所、拘置所などで95件開かれ、大半は刑事裁判だった。最高裁は昨年4月、例外的な措置の特別法廷が、ハンセン病という理由だけで必要性を審査せずに設置されており、差別的で違法だったとする調査報告書を公表、元患者らに謝罪した。