雪崩犠牲3人の通夜、葬儀 同級生早すぎた別れに涙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 雪崩事故で犠牲になった浅井譲さんのひつぎを乗せ、参列者に見送られて式場を出る車=30日午後、栃木県那須塩原市

 栃木県那須町の雪崩事故で犠牲になった県立大田原高山岳部員で1年生の奥公輝さん(16)の通夜や2年生の鏑木悠輔さん(17)と浅井譲さん(17)の葬儀が30日、県内の斎場でそれぞれ営まれ、同級生らは早すぎた別れを惜しみ、涙した。

 奥さんの通夜には制服姿の同級生らが多数出席。参列者によると、父親は「これから楽しい時期が待っているのに残念」と無念さをにじませていたという。

 中学の同級生だった上保光美さん(16)は「学校の不注意で亡くなったと思うと怒りを覚える」とやるせない気持ちを打ち明けた。