フィギュア、宇野SP2位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子SPの演技を終え喜ぶ宇野昌磨=ヘルシンキ(共同)

 【ヘルシンキ共同】フィギュアスケートの世界選手権第2日は30日、ヘルシンキで行われ、男子ショートプログラム(SP)で19歳の宇野昌磨(中京大)が世界歴代3位の104・86点をマークして2位につけた。3季ぶりの世界一を目指す2014年ソチ冬季五輪王者の羽生結弦(ANA)は4回転サルコーにミスが出て、98・39点で5位と出遅れた。

 3連覇を狙うハビエル・フェルナンデス(スペイン)が世界歴代2位の109・05点でトップに立ち、過去3度優勝のパトリック・チャン(カナダ)が102・13点で3位。初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大)は73・45点で22位だった。