正男氏遺体、北朝鮮へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 31日、平壌からクアラルンプール国際空港に到着したマレーシア人ら(共同)

 【北京、クアラルンプール共同】北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、正男氏の遺体を乗せたとされるクアラルンプール発のマレーシア航空機が31日未明、北京に到着した。遺体は北朝鮮に運ばれるとみられる。一方、北朝鮮の出国禁止措置で平壌に足止めされていた外交官らマレーシア人9人は31日早朝、帰国した。

 北京に向かうマレーシア機には、事件への関与が疑われる在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と北朝鮮国営の高麗航空職員キム・ウクイル容疑者とみられる人物2人が搭乗。事件は真相が解明されないまま事実上の幕引きとなった。