大阪府市が森友幼保調査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 塚本幼稚園(左)へ立ち入り調査に向かう大阪府の職員ら=31日午前8時53分、大阪市淀川区

 大阪府は31日、私立学校振興助成法に基づき、学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)を4時間近くにわたり立ち入り調査し、園長の籠池泰典氏も同席した。補助金不正受給疑惑に関し、松井一郎知事は「事実を明らかにしたい。真摯に対応してほしい」と強調、違法性が明確になれば刑事告訴・告発に踏み切る考えを改めて示した。大阪市も系列保育園を調査した。

 府の調査対象は、塚本幼稚園に対して11~15年度に交付した経常費補助金計約1億7500万円のうち籠池氏の妻で副園長を務める諄子氏らの「専任教員」としての人件費と、「要支援児」の受け入れ補助金約7千万円。