外国人の4割、入居拒否経験 25%「就職断られた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 法務省は31日、日本に住む外国人を対象に初めて実施した差別や偏見に関する調査の結果を公表した。過去5年間に日本で住居を探した2044人のうち、外国人であることや、日本人の保証人がいないことを理由に入居を断られた経験がある人は、それぞれ約4割だった。物件に「外国人お断り」と書かれているのを見てあきらめた人も約27%いた。

 日本で仕事を探したり働いたりしたことがある2788人のうち、外国人であることを理由に就職を断られた経験がある人は25%。このうち日本語での会話ができない人はほとんどいなかった。