文科省改革で作業班設置へ 天下り問題受け副大臣ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 松野博一文部科学相は31日の記者会見で、天下り問題で大量の処分者を出したことを踏まえ、省の改革方針を検討する副大臣や課長らの作業班を設けると発表した。4月3日に初会合を開く。「失った信頼を取り戻し、必要な改革を検討するため」と設置理由を説明した。

 作業班は水落敏栄、義家弘介両副大臣と各局筆頭課長らで構成する。外部有識者の意見も聞きながら改革方針をまとめる予定。松野氏は「早い時期に基本的な考えを打ち出したい」と述べた。