東洋ゴム元社長ら書類送検 免震データ偽装容疑で18人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 枚方寝屋川消防組合の庁舎=大阪府枚方市

 東洋ゴム工業(大阪市)の免震装置ゴムのデータ改ざん事件で、大阪府警生活経済課は31日、不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、同社の山本卓司元社長(60)=兵庫県三田市=ら元役員や、製造元で子会社の東洋ゴム化工品(東京)の元幹部など計18人と、法人としての両社を書類送検した。

 生活経済課は、当時の役員らがデータ不正を認識しながら、国の基準を満たさない製品の出荷を認めていたと判断。事件は、元トップを含む旧経営陣が刑事責任を問われる事態に発展した。