ゆうちょ、融資に19年本格参入 個人向け、収益源拡大狙う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する日本郵政の長門正貢社長=31日午後、東京・霞が関

 ゆうちょ銀行は31日、個人向け融資に本格参入すると正式発表した。通常貯金の口座を開いている顧客に対し無担保で現金を貸し付ける。金融庁と総務省の認可を経て2019年の開始を目指す。超低金利が続き、ゆうちょ銀行の経営は圧迫されており、事業の多様化で収益源の拡大を狙う。

 ゆうちょ銀行は全国の郵便局などで展開しており、地方の利用者にとって利便性が向上しそうだ。一方、銀行カードローンの過剰融資が社会問題となっているだけに、適切な審査や抑制した営業活動が求められる。