カーリングSC軽井沢が五輪狙う 世界選手権4月2日未明開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カーリング男子の世界選手権への出発前にポーズをとるSC軽井沢クの両角友佑(左端)ら=3月21日、成田空港

 【エドモントン(カナダ)共同】来年の平昌冬季五輪出場枠の懸かるカーリング男子の世界選手権が1日(日本時間2日未明)、カナダのエドモントンで開幕する。日本はSC軽井沢クが、男子では1998年長野大会以来20年ぶりとなる五輪出場権獲得を目指す。

 五輪出場枠は昨年と今年の世界選手権の順位に応じて付与される合計ポイントで10枠のうち7枠が決まる。SC軽井沢クは昨年大会で日本勢過去最高4位に入って9点を獲得。日本選手権を連覇して今大会の代表となり、五輪出場枠をつかんだ場合の日本代表にも決まっている。

 1次リーグは12チーム総当たりでプレーオフ進出の4強入りを争う。