東京円、一時112円台 10日ぶり円安水準

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 31日の東京外国為替市場の円相場は一時、21日以来10日ぶりの円安水準となる1ドル=112円21銭を付けた。

 午後5時現在は、前日比73銭円安ドル高の1ドル=111円79~81銭。ユーロは28銭円安ユーロ高の1ユーロ=119円52~56銭。

 午前は、年度末を背景とした国内輸入企業の実需のドル買いが優勢となった。午後は、東京株式市場の日経平均株価が下落したことを受け、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きもあった。

 市場では「米国の通商政策に関するトランプ米大統領の言動に注目が集まっている」(外為ブローカー)との声があった。