集団登校事故で88歳男性不起訴 「認知症が影響」、横浜地検

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 横浜市港南区で昨年10月、集団登校の列に軽トラックが突っ込み、小学生らが死傷した事故で、横浜地検は31日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕された男性(88)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 地検によると、男性は認知症の影響で、神奈川県内や都内を約24時間走行。疲労から適切な運転をする能力を失っていた可能性が否定できず、「過失責任が問えない」と判断した。2月10日まで実施された鑑定留置で認知症と判明。事故当時、男性は症状を自覚していなかった。