辻選手らにパラ奨学金給付 日本財団、日体大選手に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 奨学金の授与式で記念撮影する奨学生ら=31日午後、東京都内

 2020年東京パラリンピックに向けた選手育成などを目的に、日本財団が日本体育大学(日体大)と付属高校などの所属選手に給付する奨学金の授与式が31日、東京都内で行われ、昨夏のリオデジャネイロ大会陸上女子400メートル銅メダルの辻沙絵選手が奨学生を代表し「学業、競技に集中できる環境を与えていただいた。より多くの学生がメダリストになれるように頑張る」とあいさつした。

 4月から大学院に進学する辻選手のほか、リオ大会代表では大学に新入学する競泳女子の池愛里選手、車いすバスケットボール男子の鳥海連志選手ら18人が対象。