東京都、全国初の無電柱化条例案 小池知事が公表、新設禁止

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都は31日、都道上への電柱の新設を原則禁止する「無電柱化推進条例案」の概要を公表した。電線の地下埋設によって電柱の撤去などを進める「無電柱化」は、小池百合子知事が昨夏の都知事選で掲げた公約の一つ。都によると、成立すれば都道府県での条例化は全国初となる。

 小池知事は同日の記者会見で「都道にはこれ以上増やさない『ノーモア電柱』。事業者間の競争や技術開発を促し、工事の価格も下がるよう政策誘導する」と話した。

 無電柱化は、災害時に電柱が倒壊して道路をふさぐことなどを防止する防災面の機能強化と、景観の確保が狙い。