正男氏遺体、北朝鮮に 容疑者らも帰国

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北朝鮮に帰国するため、北京国際空港に到着した在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官(右)と高麗航空職員キム・ウクイル容疑者=31日(共同)

 【北京共同】北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、中国外務省の陸慷報道局長は31日の定例記者会見で「マレーシアで死亡した北朝鮮国民の遺体が(本国に)戻った」と表明した。正男氏の遺体が北朝鮮に引き渡された。関与が疑われる北朝鮮国籍の容疑者らも同日午後、北京から中国国際航空機で平壌に戻った。

 北朝鮮が平壌にいるマレーシア大使館員ら9人を事実上の人質に取り、解放と交換する形で正男氏の遺体と容疑者らを取り戻して幕引きとなった。交渉は終始、北朝鮮が主導した。