EU、英の交渉手順拒否 指針案、双方の隔たり鮮明

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 31日、マルタの首都バレッタで記者会見する欧州連合(EU)のトゥスク大統領(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のトゥスク大統領は31日、EUに離脱を通知した英国との交渉の在り方を記した指針案について、議長国マルタでの記者会見で説明した。600億ユーロ(約7兆2千億円)とされる英国の未払い分担金の支払いなど離脱条件の協議と、離脱後の関係構築の協議を並行して行うことはないとして英国側が求める交渉手順を拒否した。

 また、未払い分担金の支払いなど「あらゆる財政的約束」を果たすよう英国に求める考えを示した。5~6月に開始予定の本格交渉を前に、双方の主張の隔たりが一層鮮明となった。