関東甲信などで雪の恐れ 気象庁が警戒呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本列島は31日、南の海上を低気圧が発達しながら通過する影響で冷え込みが強くなった。31日夜から4月1日明け方にかけ、関東甲信や東海の山沿いを中心に雪が降る地域もあるとして、気象庁は路面凍結や樹木、電線への着雪に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、1日午後6時までの24時間に予想される降雪量は山梨県の富士五湖で20センチ、栃木県北部の山地で10センチ、静岡県の山地で7センチなどとなっている。

 低気圧が通過した後も、気圧の谷の影響で1日午後に雪が強まる可能性もある。