サムスン贈収賄立証に全力 朴容疑者取り調べ本格化、検察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウル拘置所に移送される韓国前大統領の朴槿恵容疑者(中央)=31日未明(共同)

 【ソウル共同】韓国検察は31日、サムスングループ側から巨額の賄賂を受け取った収賄などの疑いで前大統領、朴槿恵容疑者(65)を逮捕した。週明けにも取り調べを本格化し、同国最大の企業集団と大統領による政経癒着の全容解明と立証に全力を挙げる。SKやロッテなど他の大手グループの贈収賄疑惑に捜査を拡大する可能性もある。

 朴前大統領や親友、崔順実被告らへの贈賄罪に問われたサムスン経営トップ、李在鎔被告側は31日の公判準備手続きで、崔被告が実質支配する文化財団などへの資金拠出について「背後に崔被告がいたとは全く知らなかった」として、賄賂性を全面的に否定した。