鴻海、純利益が過去最高 16年、シャープ買収でも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【台北共同】シャープの親会社である鴻海精密工業(台湾)が31日発表した2016年12月期連結決算は、純利益が前年比1・2%増の1486億台湾元(約5470億円)だった。台湾の中央通信社によると過去最高となった。

 経営が悪化したシャープを16年8月に買収したことが業績に響くかが注目されたが、目立った影響はみられなかった。

 ただ売上高は2・8%減の4兆3587億台湾元で、1991年に上場して以来、初の減収となった。