米、日本に車や農業の開放要求 「重大な障壁」と批判

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は31日、2017年版の貿易障壁報告書を公表した。日本に関しては農産物市場に「重大な障壁」が存在すると批判し、自動車市場にも「さまざまな非関税障壁があり、米国車の販売を妨げている」と強調。一段の市場開放を要求した。

 米政府は毎年3月末ごろに貿易障壁報告書を公表している。トランプ政権発足後では初めてで、日本との貿易で生じる赤字の削減に改めて強い意欲を示した形だ。4月18日に初会合を開く予定の日米経済対話で米側が市場開放を直接要求する可能性がありそうだ。