米、北朝鮮の11人や企業に制裁 核開発資金源狙い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米財務省は3月31日、北朝鮮の核・ミサイルなど大量破壊兵器開発の資金調達に関わっているとして、中国やロシアなど外国で活動する北朝鮮人11人と、北朝鮮に拠点がある石炭会社1社を米国の独自制裁対象に加えたと発表した。米国内の資産凍結や米企業との取引停止が科される。

 ムニューシン財務長官は声明で「北朝鮮政府による違法な核・ミサイル開発や核拡散の資金源となっているネットワークを粉砕する狙いがある」と指摘。「米国のパートナーや同盟国にも同様の措置を取るよう促す」として日本や韓国にも独自制裁の発動を求めた。