ゴルフ、ウッズがマスターズ欠場 腰痛の影響、2年連続

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】男子ゴルフの元世界ランキング1位で、腰痛のため戦列を離れているタイガー・ウッズ(米国)は3月31日、自身の公式サイトで4月6日開幕のメジャー初戦、マスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタ)を欠場すると発表した。「出るために手を尽くしたが、腰のリハビリで戦う準備ができなかった」と声明を出した。

 ウッズは41歳。1995年にマスターズに初出場し2005年までに4勝したが、近年は腰痛に苦しみ欠場は2年連続3度目となる。

 今年1月に米ツアー大会に1年5カ月ぶりに出場したものの、2月の試合で状態を悪化させて途中棄権した。