大リーグ、青木は無安打 イチロー、代打で三振

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 カブス戦の7回、一塁手のエラーを誘う内野ゴロを放つアストロズ・青木=ヒューストン(ゲッティ=共同)

 【ヒューストン共同】米大リーグは3月31日、各地でオープン戦が行われ、アストロズの青木はヒューストンでのカブス戦に「9番・左翼」で先発出場し、2打数無安打1得点で途中交代した。チームは3―6で敗れた。

 マーリンズはイチローがタイガース戦に代打で出場し、空振り三振に倒れた。田沢は七回に登板し、1回を無安打無失点、2三振1四球だった。

 レンジャーズのダルビッシュとマリナーズの岩隈は投球練習を行った。ヤンキースの田中はキャッチボールなどで汗を流した。