川崎、古巣ソフトB復帰で会見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソフトバンクの入団会見で、写真に納まる川崎宗則内野手(左)と工藤監督=1日、ヤフオクドーム

 米大リーグ、カブスに契約を解除され、古巣ソフトバンクへ6年ぶりの復帰が決まった川崎宗則内野手(35)が1日、福岡市のヤフオクドームで入団記者会見に臨み「一番に声を掛けてくれたのがホークス。入りたいと思い、サインした」と感謝の言葉を口にした。

 シーズンが開幕したこともあり1年契約で、年俸9千万円プラス出来高払い。背番号は以前着けていた「52」となった。

 古巣復帰について「帰ってくる予想はなかった。このタイミングになったのは僕も分からない」としながらも「年は取ったが、体はきれっきれです」とアピールした。