五輪応援の特別塗装機カラフルに 全日空、一般公募で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 全日空が発表した東京五輪・パラリンピックに向けた特別塗装機の模型と平子裕志社長=1日午後、羽田空港

 全日空は1日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた特別塗装機のデザインを発表した。一般公募の結果、高校1年になった神戸市垂水区の松本朝陽さん(15)のカラフルなデザインを採用した。「HELLO2020JET」の愛称で、18年1月に登場する予定。

 応募786作品から全日空社員や乗客の投票で選んだ。国内線用ボーイング777のほぼ全面を使い、東京スカイツリーや富士山などと共に、さまざまな競技のシルエットをあしらった。

 松本さんは「どの種目もがんばってほしいとの願いを込め、美しい自然や建造物で日本らしさを強調した」とのコメントを寄せた。