ロ、北極圏で主導権狙う 航路や資源、欧米と協力も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ロシア北部アルハンゲリスクでの「北極フォーラム」でフィンランドのニーニスト大統領(左)と会談するプーチン大統領=3月30日(AP=共同)

 ロシアが北極圏での開発と国際協力に積極姿勢を見せている。プーチン大統領は3月30日、北部アルハンゲリスクにフィンランドとアイスランドの大統領を招いて会合を主催。豊富な資源が眠る北極圏には欧米諸国に加え日本や中国も強い関心を示しており、ロシアは権益確保に向け体制を強化し主導権掌握を狙う。

 プーチン氏は30日の「北極フォーラム」で、北極海航路の開発を総合的に担う機関の設立を政府に命じたと明らかにした。