ボコ・ハラムが22人拉致 ナイジェリアで少女ら

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ナイロビ共同】ナイジェリア北東部でイスラム過激派ボコ・ハラムが2カ所の村を襲撃し、少女と女性計22人を拉致した。フランス公共ラジオが1日伝えた。

 3月30日早朝、ボコ・ハラムの戦闘員が隣国カメルーンとの国境近くの村を襲い、少女18人を拉致した。隣国チャドとの国境付近では、放牧をしていた男性に金銭を要求し、拒否した男性を殺害、親族の女性4人を連れ去ったという。

 ボコ・ハラムは2014年4月、ナイジェリア北東部の学校から200人以上の女子生徒を拉致、国際的な非難を浴びた。女性の大半の行方が今も分かっていない。