サッカー、香川が先制点アシスト ドイツ1部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 シャルケ戦の前半、競り合うドルトムントの香川(左)=ゲルゼンキルヘン(共同)

 【ゲルゼンキルヘン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは1日、各地で行われ、香川真司のドルトムントは敵地で内田篤人のシャルケと1―1で引き分けた。香川は後半8分の先制点をアシストし、同42分までプレーした。内田はベンチ外。

 酒井高徳のハンブルガーSVはホームで大迫勇也のケルンを2―1で破った。酒井高は後半25分から守備的MFで出場した。左膝を痛めている大迫はベンチ外。アウクスブルクの宇佐美貴史は敵地で0―6と大敗したバイエルン・ミュンヘン戦で出番がなかった。