池田小事件被害児の妹、資格取得 傷負った心、ケアしたい

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 精神対話士の認定証を受け取り、抱負を述べる本郷優希さんの妹=2日、東京都渋谷区

 大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)の校内児童殺傷事件で亡くなった本郷優希さん=当時(7)=の妹(19)が、犯罪や災害などで心に傷を負った人たちを支援する民間資格「精神対話士」を取り、東京都内で2日、認定証を受け取った。「つらい経験をしてきた。同じような思いをしている人たちをケアしたい」と意気込んだ。

 事件当時は3歳。その後、関東圏の大学に進学し、心理学を学んでいる。母の由美子さん(51)が2005年に精神対話士となり、東京電力福島第1原発事故の避難者らに寄り添う姿に触発され、昨年9月から勉強を開始。必要なリポートを提出し、面接試験に合格した。