両陛下「お忍び」で散策 皇居外周で桜楽しむ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 天皇、皇后両陛下は2日朝、皇居外周の歩道を「お忍び」で散策し、見頃を迎えた沿道の桜を楽しまれた。

 宮内庁関係者によると、両陛下は皇居内にある住まいの御所周辺や、東御苑などを毎朝散策するのを日課としている。この日は午前7時半すぎ、東御苑から北の丸公園側の外周に約5分間、足を延ばした。

 両陛下は2014年4月にも桜を見るために同様のルートを散策したことがある。