米韓両軍が上陸訓練公開 北朝鮮に進撃能力誇示

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北朝鮮海岸への上陸と内陸部への進撃を想定した「双竜訓練」に参加した韓国海兵隊=2日、韓国・浦項の海岸(共同)

 【浦項共同】米韓両軍は2日、韓国南東部浦項の海岸で、北朝鮮海岸への上陸と内陸部への進撃を想定した「双竜訓練」の一部を国内外メディアに公開した。韓国と周辺海域で4月下旬まで実施中の定例の合同野外機動訓練「フォールイーグル」の一環で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に沿岸からの進撃能力を誇示、けん制する狙い。

 公開の訓練では、沖合に韓国海軍の大型輸送艦「独島」や戦車揚陸艦4隻が展開。揚陸艦を出発した水陸両用装甲車が海岸に向かい、装甲車から出てきた韓国海兵隊員らが煙幕を張りながら上陸する作戦を公開した。韓国空軍の輸送機から兵士らがパラシュート降下する様子も披露。