歩道橋から1歳児転落重傷、埼玉

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 2日午後2時25分ごろ、埼玉県行田市本丸の歩道橋で、栃木県真岡市に住む男性会社員(39)の長女(1)が約5メートル下の歩道に転落した。行田署によると、鉄製の柵の隙間から転落したとみられる。長女は頭を打って重傷だが意識はあり、命に別条はないという。

 署によると、柵の高さは約170センチで、隙間は約15~20センチ。歩道橋は小説や映画「のぼうの城」で知られる忍城跡近くで、長女は父親と2人で忍城跡に遊びに来ていた。署は父親が目を離した隙に落ちたとみて、詳しい経緯を調べている。

 現場は秩父鉄道の行田市駅から南西に約1キロ。