日中、7月首脳会談実現へ調整 外務次官級が今週協議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日中両政府は外務次官級協議を今週、東京都内で行う方向で調整に入った。複数の外交筋が2日明らかにした。ドイツで7月に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた、安倍晋三首相と習近平国家主席による首脳会談の実現を目指し協議。日本側は「新たな段階の脅威」になった北朝鮮の核・ミサイル開発阻止に向け、中国との連携を模索したい考えだ。

 次期駐日大使への起用が有力視される中国外務省の孔鉉佑外務次官補が来日し、秋葉剛男外務審議官と会談する方向。首相は秋に国交正常化45周年を迎える今年、日本か中国で首脳会談を行い、関係改善を印象付けたい意向がある。