大リーグ、田中は7失点で初黒星

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 レイズ戦の3回、8安打7失点で降板するヤンキース・田中=セントピーターズバーグ(共同)

 【セントピーターズバーグ共同】米大リーグは2日、3試合が行われて公式戦が開幕し、ヤンキースの田中はフロリダ州セントピーターズバーグでのレイズ戦で日本選手初の3年連続開幕投手を務め、2回2/3を2本塁打など8安打で7失点、3三振2四球で初黒星を喫した。自責点7はメジャー4年目で自己最多。チームは3―7で敗れた。

 田中はプロ野球楽天時代の2012年にも開幕戦で負けており、メジャーでは0勝2敗となった。

 昨季のワールドシリーズ覇者カブスに新加入した上原はカージナルス戦の0―1の七回に3番手で今季初登板し、1回を1安打無失点、1四球だった。