共謀罪は6日衆院審議入り 自公合意、野党は徹底抗戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 会談に臨む公明党の大口善徳国対委員長(左)と自民党の竹下亘国対委員長=3日午前、国会

 自民党の竹下亘、公明党の大口善徳両国対委員長は3日午前、国会内で会談し、共謀罪の構成要件を変えた組織犯罪処罰法改正案を6日に衆院本会議で審議入りさせることで合意した。今国会中の成立を目指す。民進、共産両党などの野党は、犯罪を計画段階で処罰する内容は過去3回廃案になった法案と本質的に変わらないとして徹底抗戦の構えで、後半国会の焦点となりそうだ。

 「共謀罪」法案を巡っては、自民党が今国会で確実に成立を期すため6日の審議入りを提案。公明党は、先に国会提出されている民法改正案や刑法改正案を優先すべきだと主張し、協議が続いていた。