同じ団地の警備員逮捕、京都 75歳男性殺人事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 京都府宇治市の団地でパート従業員山田武利さん(75)が殺害された事件で、京都府警は3日、殺人の疑いで、同じ団地に住む警備員野村勝彦容疑者(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は2日午後5時45分ごろ、宇治市五ケ庄野添の団地の階段前で、山田さんを刃物のようなもので刺して殺害した疑い。

 府警によると、「包丁で刺した」と容疑を認めている。2人は同じ棟に住んでおり、現場の聞き込みなどから浮上した。

 山田さんは住んでいる棟の1階の階段上り口で倒れていて、上半身には複数の刺し傷があった。