朝ドラ、べっぴんさん20・3% 3作連続20%超え

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 1日に放送を終了したNHK総合の連続テレビ小説「べっぴんさん」(全151回)の平均視聴率は、関東地区で20・3%、関西地区で20・2%だったことが3日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 前作「とと姉ちゃん」の関東地区の平均視聴率は22・8%で、3作連続で20%を超えた。1日の最終回は関東地区が19・8%、関西地区が18・0%。

 「べっぴんさん」は子ども服メーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんがモデルの物語。芳根京子さんが主演した。