小池都知事、新入職員を激励 「力合わせ新しい東京に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「入都式」で、新入職員に辞令を手渡す小池百合子都知事=3日午前、東京都豊島区

 東京都は3日、豊島区の東京芸術劇場で2017年度の「入都式」を開き、小池百合子知事が新入職員約2千人に「都政は大きな変革の時を迎えている。都民ファーストの視点で、力を合わせて新しい東京をつくり上げていこう」と式辞を述べた。

 小池知事は「都政の動向は、これまでになく関心を集めている。前例を踏襲するだけでは後退でしかない。常にチャレンジする姿勢を持ってほしい」と激励した。式辞に先立ち、代表者に辞令を手渡した。

 都によると、17年度の新入職員は全体では約2300人で、20年東京五輪・パラリンピックなどに対応するため、16年度より約200人多い。