日米韓が対潜水艦訓練、済州島沖 北朝鮮のSLBMに対抗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ソウル共同】韓国国防省は3日、海上自衛隊と米韓海軍が合同で、韓国南部の済州島沖で北朝鮮の潜水艦が展開していることを想定した探知、追跡訓練を始めたと明らかにした。訓練は同日から5日までの予定。

 北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進めていることに、日米韓が一致して対応する姿勢を強調する狙いがある。

 日韓間では昨年11月に安全保障分野の機密情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が発効し、情報共有の範囲が拡大。これを基に米国を含めた3カ国の軍事的な一体運用が進み、合同で北朝鮮の弾道ミサイルの探知、追跡訓練を繰り返している。