県立公園の巨岩にくさび、青森 クライミング用、条例違反

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 浅虫夏泊県立自然公園の「立石」に取り付けられたロープ=3月29日、青森県平内町(同町提供)

 青森県は3日、同県平内町の浅虫夏泊県立自然公園内にある「立石」と呼ばれる大きな岩に、ロッククライミング用のくさびが打ち込まれたと明らかにした。岩の周辺で許可なく工作物を新築することを禁じた県条例に違反する行為で、県はパトロールを強化するとしている。

 県や町によると、立石は海岸にそびえ立ち、海面からの高さが約30メートル。くさびは10カ所に打ち込まれ、赤い塗料で目印が付けられていた。チェーンやロープといったロッククライミングに使うとみられる道具も、フックなどで岩に固定されていた。3月下旬に県に情報が寄せられた。