スカイマーク、空飛ぶ入社式

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ボーイング737の機内で行われた入社式のサプライズフライトを終え、記念撮影するスカイマークの新入社員=3日午後、羽田空港

 スカイマークは3日、入社式を羽田空港の格納庫に駐機したボーイング737の機内で初めて開催した。過去最多の新入社員125人には事前告知なしに離陸、琵琶湖上空で折り返す「サプライズ」となり、拍手や歓声が上がった。

 佐山展生会長は機内で「みんなと一緒に、定時出発率や顧客・社員満足度の日本一を目指す」とあいさつ。客室乗務員となる吉田佳代さん(23)は「泣きそうになった。お客さまにも感動を与えられるよう盛り上げていきたい」と意気込んだ。

 機内では、機長から「つらいことも楽しいことも同期と力を合わせてがんばって」と祝福のアナウンスが贈られた。