陸上長距離「山の神」柏原が引退 箱根駅伝で4年連続区間賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 柏原竜二

 富士通陸上部は3日、東洋大時代に東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で活躍した男子長距離の柏原竜二(27)が現役を引退したと発表した。関係者によると腰痛に苦しみ、リハビリを続けたが回復しなかったため。今後は社業に専念する。

 柏原は箱根駅伝の山上りの5区で4年連続区間賞を獲得して脚光を浴び「山の神」と称された。2012年に富士通に入ったが故障に悩まされ、昨年1月の全日本実業団対抗駅伝では5区で区間9位だった。