19年大河、勘九郎さんら主演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2019年放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主演に起用され、記念撮影する(左から)阿部サダヲさん、中村勘九郎さん。右は脚本の宮藤官九郎さん=3日午後、東京・渋谷のNHK放送センター

 NHKは3日、2019年放送の大河ドラマのタイトルが「いだてん~東京オリムピック噺~」で、前半の主人公を歌舞伎俳優の中村勘九郎さん(35)、後半の主人公を俳優の阿部サダヲさん(46)がリレー形式で演じると発表した。

 勘九郎さんは東京都出身で、五輪に初参加した日本人の一人でマラソン選手の金栗四三役。阿部さんは千葉県出身で、64年の東京五輪招致に尽力した田畑政治役。現在、大河ドラマ「おんな城主 直虎」に徳川家康役で出演している。

 ドラマは宮藤官九郎さんの脚本。日本初参加のストックホルム五輪から東京五輪開催までを中心とした時代を落語家古今亭志ん生の目線で描く。