温泉旅館おかみが育てたコメの酒 フラガールの街いわきアピール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 純米酒「絆フラ女将」をPRする、いわき湯本温泉の旅館おかみ=3月24日、福島県いわき市

 東京電力福島第1原発事故の風評被害で宿泊客が減った福島県いわき市のにぎわいを取り戻そうと、いわき湯本温泉の旅館おかみらが育てたコメ「天のつぶ」を原料にして造った純米酒「絆フラ女将」が完成、販売を開始した。

 天のつぶは、おかみらが市内の田んぼでもんぺ姿になって昨年5月に田植えをし、10月に稲刈りをした地元産のコメ。瓶には、ハワイの伝統舞踊「フラ」を踊るおかみの写真をラベルにして貼り、「フラガールの街いわき」をアピールした。

 1本300ミリリットル入り540円。市内の酒屋などで販売しているほか、旅館でも提供している。