極楽、復活後初レギュラー 1周年のAbemaTV

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新番組への意気込みを語る「極楽とんぼ」の加藤浩次(左)と山本圭壱=3日、東京都内

 インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の開局1周年記念会見が東京都内で開かれ、新番組「極楽とんぼ KAKERU TV」に出演するお笑いコンビ「極楽とんぼ」(加藤浩次、山本圭壱)が「若手芸人のつもりで、一生懸命おっさんが汗をかいてやりたい」と意気込んだ。

 山本の不祥事と謹慎を経て、昨年コンビの活動を再開。コンビ復活後初のレギュラー番組について加藤は「今のテレビはすぐにクレームが来るけれど、山本は骨折したとしても誰からも苦情が来ない。今の芸能界にこんなタレントはいないので、そこをフルに利用して体を張った企画をやりたい」と、山本の地に落ちた好感度を逆手にとって猛アピールした。

 山本は「加藤さんのおっしゃる通りです」と低姿勢だったが、「(当たり役の)油谷さんを超えるキャラを作って、世に出したい」と力を込めた。

 新番組は27日午後9時スタート。