東京円、111円台前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 週明け3日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台前半で取引された。

 午後5時現在は、前週末比37銭円高ドル安の1ドル=111円42~43銭。ユーロは68銭円高ユーロ安の1ユーロ=118円84~88銭。

 6、7日に米中首脳会談を控える中、米国の貿易赤字や為替政策を巡り摩擦が激化することを警戒し、ドルが売られ、比較的安全な資産とされる円が買われた。

 市場では「日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)はほぼ市場予測の範囲内だったため、反応は少なかった」(外為ブローカー)との声があった。