稀勢の里、左大胸筋損傷が判明 非公開で稽古を再開

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 横綱稀勢の里

 大相撲春場所で左上腕部を負傷しながら劇的な逆転優勝を遂げた大相撲の横綱稀勢の里が3日、新たに左大胸筋を損傷していることが判明した。

 日本相撲協会が同日に3月27日付の診断書を公表。「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の療養は必要」とされ、「現在精査中」とも記されている。稀勢の里は2日から始まった春巡業を休場。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は当初、左上腕部の筋損傷とだけ説明していた。

 稀勢の里は3日に東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で稽古を再開。一般や報道陣に非公開で行われ、部屋関係者によるとまわしを締めて四股を踏んだという。