卓球、年末までにチーム決定 来年開幕の新リーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 卓球の新リーグ「Tリーグ」を運営する一般社団法人の設立を発表する松下浩二理事=3日午後、東京都渋谷区

 卓球の新リーグ「Tリーグ」を運営する一般社団法人の設立会見が3日、東京都内で行われ、来年秋にトップ選手の集まるT1(1部)リーグを開幕させることを目指し、今夏に参加条件を決めてチームの募集を開始、ことし末までに決定することを発表した。法人は3月30日に設立され、代表理事は日本卓球協会の藤重貞慶会長が務める。

 新リーグは男女とも4~6チームの参加を見込み、1チーム6人で構成。シーズンは秋から春にかけて各チーム20試合ほどを行う。年間予算は各チーム約2億円を想定し、中国を含む世界ランキング10位までの選手も加えて競技力向上を図る。