南スーダンで食料危機深刻 援助妨害、「人災」批判も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 南スーダンを逃れ、ウガンダ北部の難民キャンプで手当てを受ける2歳の男児=3月15日(AP=共同)

 【カンパラ共同】国連平和維持活動(PKO)で陸上自衛隊が展開する南スーダンで食料危機が深刻化している。国連によると、食べ物に困るのは全人口の約4割に当たる約500万人。反政府勢力の支配地域に食料が行き渡らないよう政府軍が支援活動を妨害しているとの見方もあり「干ばつによる天災ではなく人災だ」(地元記者)との非難が高まっている。

 「(反政府勢力に打撃を与えるための)計画された飢饉だ」。米国のシソン国連次席大使は3月下旬、国連の会合で南スーダン政府を批判した。