NY株、一時100ドル安

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】週明け3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米経済指標の悪化とロシアの地下鉄爆発を背景に売りが優勢となり、下げ幅は一時100ドルを超えた。

 午前11時20分現在は前週末比95・01ドル安の2万0568・21ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は23・00ポイント安の5888・74。

 米サプライ管理協会(ISM)が3日に発表した3月の製造業景況指数が一部の市場参加者の予想を下回ったほか、ロシアの地下鉄爆発を受けて投資家がリスクを避ける姿勢を強めた。